メイプルストーリーを引退している人の独り言です。


by kaholin7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近思い出したこと その1

会社のおばちゃんが
「ウチの犬が湿布薬3枚食べて、はいて…死ぬかと思っちゃったのよ~」
と、話すのを聞いて思い出した話。


高二のときのクラスマッチの日…バレーボール、ソフトボールetcのチームに分かれてクラスごとに競う、年に一回の恒例行事…
確かあれは、10月の肌寒くなり始めた日の朝でした。

当時私は進学校へ通いながらも、進学が危ういほどに授業をサボっていました。
しかし何分、お祭り事の大好きな性分で…こういった行事にはしっかりと参加していたのでした(ノ∀`)

で、その日もチャリンコで出発。…と、1キロも行かない民家の生け垣に(σ´・д・)σハケーン!!
真っ白で手のひらサイズの、まぁなんてかわいらしいニャンコ(*´д`*)ハァハァ
まだ生まれて数週間なのかな…寒いみたいでちょっと震えてる(>_<)
いつもの授業の日なら迷わずに連れて直帰。
けどその日は、クラスマッチ…チームメイトが待ってる_| ̄|○
まぁ、この家の人が見つけてくれるさ…ここは人通りもあるしね…
誰かに見つけてもらえよ~~(@・д・)ノシ
と、子猫を放置して、チャリ飛ばして学校へ行きました。

試合結果?
何のチームだったかも忘れたよ┐(´ω`)┌

とにかく急いで帰りました。
ニャンコ!ニャンコ!…まだいました…
明らかに衰弱した様子で…やっと立っている感じ

私は「ごめんねごめんね」と言いながら、連れて帰りました。

自宅には誰もおらず、とにかく暖かくしてやろうと、フワフワのタオルを敷いた箱に入れて、コタツに入れたり…
ミルクを飲ませようとしたり…

やっぱ、ティーンの浅はかな考えって言ったら、現役ティーンズに怒られるかな?(´艸`)
てか、私が知らなかっただけ?

猫って、集中してモノを見ようとすると、黒目が大きくなるんですよね。

その子猫も、そうなったわけです。
私は、元気になったって思いましたよ。

まぁ、それっきり動かなくなっちゃったんですけどね(pωq)

後で親に聞いたら
「バカ。それは瞳孔が開いてるんだよ。」って…


高二の私には、子猫の命は救えませんでした。

次の日、タオルに包んだまま、河原に埋めてあげました。


ちょっぴりせつない高二の秋でした。( ´,_ゝ`)プッ
[PR]
by kaholin7 | 2006-12-09 06:52 | リアル日記